読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしスペシャリスト

マンガ、アニメ、映画、パチ・スロ、声優、白猫、シャドバが好きです。お手軽に無料で出来る暇つぶしを紹介します。

食糧人類1巻の詳細なネタバレ(前半)と感想!無料です。

こんにちは。食糧人類1巻を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

この漫画、「アポカリプスの砦」の作者である蔵石ユウ先生やイナベカズ先生の作品と言うことで、単行本が出る前からかなり注目していました。

非常に待ち遠しかったわけですが、ついに今日手に入れることが出来ました。

ネタバレが含まれているので、注意してください。


食糧人類のあらすじ

主人公は高校生の伊江とカズの二人。
物語的には伊江が中心となり、伊江視点で話が進んでいきます。

二人はファーストフード店でたわいも無いおしゃべりをしていましたが、ナゲットの原料がピンクスライムの肉というデリケートな話題を出してしまった事で店長さんからキレられ、半ば追い出されてしまいました。

伊江は暑いのが苦手らしく、外に出る事を嫌がっています。
それもそのはず。この世界ではまだ3月だと言うのに気温はもう夏並み。
街中では温暖化対策を声高に叫ぶ政治家が演説を行っており、スマホニュースでは最高気温記録や異常気象、集団失踪事件が取り上げられています。
バスの中で二人は進路のことについて話をしていました。

カズは気象学者を目指しています。
世の中がこんな状況だから需要があるだろうと冗談めかしていますが、本心では家族が熱中症で亡くなってしまったためのようです。
一方の伊江は画家志望なのですが、恥ずかしいのか、余り言ってほしくないようです。

そんな感じで話していると隣に座っているカズが意識を失っている事に気付きました。
カズだけでなく、バスの乗客は皆こん睡状態。
異常事態に慌てる伊江ですが、ガスマスクで完全防備している運転手を見ながら、自分も意識が遠のいていきます。


食糧人類のネタバレと感想

目が覚めると伊江は工場に連れて行かれていました。
自分の下には人間が敷き詰められており、眼下には冷凍された人間と思われるナニカが床に置かれています。

一列に並び、冷凍⇒解体される状況を見て絶句する伊江。
そんな伊江に気付いた運転手からは哀れみの言葉をかけられます。

「お前はⅡ型だな」

わけのわからない言葉をかけられ、理解出来ずに動揺していると背中に衝撃が走りました。
市場でマグロを掴むカマのようなものを背中にかけられ無理やり移動させられています。

そのまま引きずられるままに立たされたと思ったら、いきなり蹴り飛ばされ地下に落とされてしまいました。

天井から管のようなものが垂れ下がり、誰かいるのかと辺りを見渡していると丸々と太った沢山の人間達が一心不乱に管から出る液体を飲んでいます。
寝転がり、そのまま排泄を行うような状況にドン引きした伊江は何とか抜け出せないかと自分が滑ってきた貨物台を登ろうとしますが、手すりも途中で切れていたり、床が回ってしまう仕組みのせいで上手く登れません。

異様な光景に座りつくしていると、さっきまで一緒にいたカズも管から液体を飲んでいることを見つけます。

すぐさま歩み寄りいろいろ問い詰めてみますが、謎の液体を勧められるだけで、質問には答えませんでした。
ジュースのような水からは果物みたいな甘い匂いが漂い、蒸し暑くてのどが渇いている状況に一口だけ飲もうとします。


ですが、「飲むな」の一声と同時にすぐさまヘッドロックで止められてしまいました。
男が言うには、液体には飲む者の思考を抑制し、思考停止に陥らせる程の強力なナニカだと言います。

首を更に強い力で絞められた伊江は通信手段か外の情報を話せと脅されてしまいました。
息が出来ずに苦しんでいると制止するもう一人の男が登場。
どうにか荒事を止めてくれました。

めがねの男性が言うには、首を絞めた男は会話を通した意志の疎通が苦手なコミュ障のようです。
元々3日以上閉じ込められている事もあり、ストレスがピークに達していた事もあるようです。

メガネの男性は名を山引、首を絞めてきた男はナツネと名乗ります。


どうやら伊江達が連れてこられた場所は人間の飼育室らしい場所でした。

完全におかしな状況に巻き込まれた伊江は錯乱してドアを叩いて人を呼ぼうとしますが、逆にナツネから殴られてしまいました。
先ほどとは打って変わって恐ろしい表情を浮かべる二人。
さらにボコボコに殴られていると、「ウイイイ」と機械音が聞こえてきます。

ナツネから絶対に振り返るな。死になくなければ例の液体を飲むフリをしろと命令されて従う事にしました。
後ろからは何かが地面を這う音と同時に見たことも無いくらい太くて大きな触角が目の前に表れます。

あっけにとられていると次の瞬間、触手が人間らしきものを真っ二つに切り裂き、触覚で持ち上げて運んでいきました。
「ガリッゴリッグチッ」などとグロイ不気味な音が鳴り響く中、触覚は更に人間を解体。次々と口に運んでいきます。

伊江の元へも触覚が近づいて怯えていると、目に飛び込んできたのはナツネの姿です。
沢山の触覚に巻きつかれながらも平然とやり過ごしています。

伊江が感心している間に触覚が戻り、何かが去って行きました。

部屋を出るのと同時に防護服に身を包んだ男達が二人やってきました。
二人はどうやら清掃員のようで、仕事への愚痴や飼育室に閉じ込められている人間達へ哀れみの言葉を並べながら清掃作業をしています。

世間話をしながら作業を進めていた二人でしたが、山引とナツネによって奇襲をかけられ、襲われてしまいました。
ナツネは有無を言わさず管から出ている謎の液体を清掃員の口に突っ込み、
山引はヒゲの生えたダンディな清掃員に襲い掛かり、開発しようとしますが、欲望をグッと堪えて液体を飲ませることに成功。

山引とナツネはまんまと清掃員の防護服を奪う事に成功。
二人は防護服に身を包み、脱出を試みることに。

 

続きは後半で

ymgyaya3.hateblo.jp

 


まとめ

テーマも内容も衝撃の前半でした。
地球の環境が激変して温暖化も進み、地球上で人間の住める場所は極限られた場所だけになってしまったようです。
その原因は人口が増えすぎた事が原因なのか、それとも別の原因があるのか。
現時点では全く判りませんが、この物語への引き込み力は見事と言わざるを得ません。

作者の方が我が妻さんは俺のヨメの作者と言うことでいい意味で裏切られました。
これからどうなるのか、楽しみで仕方ありません。

 

食糧人類を無料で読む方法はこちら

 

ymgyaya3.hateblo.jp